インディアンジュエリーのピアス

インスタグラム(@puredoll.for.girls)でインディアンジュエリーのピアスのコーディネートをちょこちょこ更新しているのですが、改めてショウケースを眺めると色々種類があるなぁと思いちょっとまとめてみました。

プチピアス系

男女問わず着けれるのは小さなプチピアス系。二個づけ用にも人気です。

IMG_1685 IMG_8949

インレイ系

一番種類を置いているのが石をキレイにカットしはめ込みデザインを表現する「インレイ」という手法を用いたピアスです。使用する石や配色の仕方で雰囲気ががらりと変わります。

単色系 カラフル系
zpie-0276aaaa zpie-0260aa
キレイ目なものが多いです ネイティブ感満載

 

クラスター系

しずく型にカットしたターコイズやコーラルなどの石を複数並べて、花のようなデザインを作り出す技法。cluster(クラスター):房(ふさ)、群れ。インディアンジュエリー好き女子の支持率が高いです。

zpie-0273a zpie-0266a

 

プチポイント系

クラスターよりも小さなターコイズの粒を一つ一つ丁寧に固定してデザインを表現しています。より繊細で可愛らしい印象になります。

zpie-0270a zpie-0284a

 

ニードルポイント系

細長くカットしたターコイズを複数用いてデザインを表現しています。クラスターと比べると少しシャープな印象になります。

zpie-0182a zpie-0219a

 

コンチョ系

ここ数年特に人気が出てきたのがスタンプワークやリポウズ加工でデザインを表現した、石は控えめでシルバーがメインのピアス。表面をあえて艶消しで仕上げた物はヴィンテージ感があります。

npie-0074a npie-0070a

 

大粒の石系

大き目の石をどーんと大胆に使ったピアスです。どんな石を使用するかで雰囲気がガラッと変わります。

npie-0065a npie-0078a

 

ホピ系

ホピ族のシルバー2枚を用いてデザインを表現するオーバーレイと呼ばれる技法を用いて作られたピアス。モチーフが豊富でシンプルながら高い技術が要求される作品が多いです。数も少なく欲しい物は即決がおすすめ。

hpie-0006a hpie-0007a

 

簡単に分けただけでもこんな感じで色々ありました。どれも土台となる地金はシルバーです。
(アレルギーのある方には申し訳ないです💦フックタイプだとイヤリングへの付け替えも可能ですよ。)

インディアンジュエリーの中でもピアスは何個あってもついついまた欲しくなる…という人も多いのでは?(私がそうです 😆 )

公式ショッピングサイトからもご購入頂けますのでのぞいてみて下さい!

ブログ内にもインスタにアップしたピアスのコーディネートを見ることが出来るページを作ったので、ピアス好きさん、どうぞ覗いてみてください ➡