Harry H. Begayのスゴサの秘密!

ナバホ族の巨匠、Harry H. Begay!

作品を並べてみると圧巻の迫力です!!新作も到着してます 😎

IMG_6548

Harry H. Begayの凄さは、その圧倒的な技術力&デザイン性だけではなく作品に対する”見えない”こだわりなんです 😎

もう何十年も彼の作品を取り扱っていましたが、今回の買い付けで初めて話をした事が2つありました!

  1. リングのロウ付け
  2. 石留のベゼルの素材

どちらも、ケースに並んでいる状態では全く分からないポイントなんですが、そのこだわりがスゴイんです!!!

リングのロウ付け

まず、1.リングのロウ付けについてなんですが、下の写真を見てみてください。

通常のリングは上下にまっすぐ、ロウ付けしてあります。

IMG_6563

中々、この状態のリングを見ることはないかもしれませんが、通常、リングは全てこの状態から割れている部分を閉じて(=ロウ付けして)仕上げられます。

ところが、Harryのリングのサイズ直しをしてみてびっくり!

火を当ててロウ目をみて初めて気づいたのですが、なんと斜めにカットが入っているではありませんか!!!

IMG_6567

私達「斜めにロウ付けした方が簡単なの?」

Harry「難しいよ。でも、斜めにカットを入れてロウ付けしたら、その分ロウ付けする部分の”面”が増えて、リングの強度が増すでしょ?だから、そうしてるんだよ。」

私達「!!!マジか!!!」

石留のベゼルの素材 😉

良く、925という言葉を耳にすると思うのですが、925とは、銀が92.5%の割合で、残りの7.5%がその他の金属と言うことになります。

インディアンジュエリーは通常、925(=STERING)で制作されています。

(素材についての詳しい説明はコチラから ➡

だからHarryのジュエリーも、石留の部分も当たり前のように同じ925が使用されていると思っていました。

IMG_6553

ところが…!

Harry「ちなみに、ベゼルには999(=fine silver)の銀を使用しているよ。

ピッタリターコイズに沿わせて石留する為には、より柔らかいシルバーを使いたいからね。」

私達「!!!!!!マジか!!!!!!

…でも、わざわざベゼルの為だけに999のシルバーを準備するんですか?」

Harry「まぁ、200キロくらい走れば売ってるとこあるよ。」

私達「これを作るために往復400キロのドライブ… :roll: !!!」

ショップの人間でも全く気付かない部分までこだわるHarryの職人魂に、ただただ感動しました✨

nri-0490g

Harry H. Begayの作品から感じる圧倒的な存在感は、見えない細かな気配りがあってこそなんでしょうね。

そんなに言われたらどんな物か見てみたい!!

そんなあなたは ➡ コチラからどうぞご覧ください