人気のナバホパールネックレスの選び方

店舗でもオンラインショップでも男女問わず大人気のナバホパールネックレス 😎
今日は夏に向けて1本は持っていたいおすすめアイテムとしてご紹介します :-)

そもそもナバホパールってなんだい?と思われる方に説明します。

ナバホ族作 ナバホパールネックレス

ナバホ族作 ナバホパールネックレス

パールとは言うものの、もちろん真珠ではありません。
他のインディアンジュエリーと同じようにStering Silver(シルバー925)でできています。

形状的にはボールチェーンの様な雰囲気ですが、ビーズのネックレスと同じ作りです。
その出来上がりが真珠のように美しいことから”ナバホ パール”と呼ばれています。

ナバホ族の手作りのシルバービーズ(=ナバホパール)を連ねているのがナバホパールネックレスです。

ナバホパールネックレス navajo-chain-0015d

ナバホパールネックレスが欲しいなと思って探された方は価格が結構高いのをご存じだと思います。
安いものでも2万円前後はしますがそれは、シルバービーズを一粒一粒人の手で成型しているからなのです。

image

(写真は半円に成型する際のイメージ)

簡単に作り方を説明すると・・・

1. シルバーのプレートを半円になるように成型
2. それを二つ組み合わせロウ付け
3. 燻して磨きをかける

これで、やっとシルバービーズが1個完成です。これをひたすら繰り返します。長さにもよりますが1本で60~80粒程は使われているのでめちゃくちゃ大変ですね。
スタンプの施されたビーズなどはさらに手間がかかります。

ここまで聞くと、お値段にも納得ですね。2万円もらえたとしてもとてもこんな作業はできません。

デザインもいろいろあるので選ぶのが悩ましいところです。
簡単に分けると

  • 同じ直径のビーズだけで作るナバホパールネックレス どのくらいの直径(太さ)が良いか決める
  • ビーズの大きさが中央に行くほど太くなるナバホパールネックレス
ナバホパールネックレス navajo-chain-0008aa ナバホパールネックレス navajo-chain-0015aa
  • 形状の異なるシルバービーズを組み合わせているナバホパールネックレス
  • ターコイズ等の石が間に入っているナバホパールネックレス
ナバホパールネックレス navajo-chain-0014aa ナバホパールネックレス navajo-chain-0009aa

 

等があげられます。その他にも、上記は艶消しでアンティークの雰囲気が漂うマットな仕上がりですが、シャイニングでキラキラに磨きあげられている物もあります。

ナバホパールネックレスは、ビーズの直径が大きいと太目に見えるので存在感があってカッコいいけど、径が小さいのもシンプルでサラッとつけられる…。

間に入っているデザイン性のあるビーズも雰囲気がでて捨てがたい…。

ターコイズが入ってたらより個性的…。

等々、悩んで何本も欲しくなります 😎  財布に余裕があるなら何本でも買いましょう。笑

💡 お好みのものを見つたら、次に長さを検討しましょう。
長めでつけたいのか、短めがよいのか・・・。

ナバホパールネックレスのおおよその長さの感覚を見てみましょう。短い順に大体50センチ・55センチ・75センチです。

男性だとこんな感じです。

image

女性が着けるとこんな感じです。

image

ナバホパールネックレスは、1本で着けてももちろんカッコいいし、お手持ちのインディアンジュエリーとの相性も抜群です。

チェーンととしてももちろん使えます!
バチカンが大きめの物を選んでもらうとカッコよくきまります。

Leon Martinez作

Leon Martinez作

Delbert Gordon作

Delbert Gordon作

Delbert Gordon作

Delbert Gordon作

Spiral Snake

Spiral Snake

シンプルなTシャツコーデにナバホパールネックレスを主役に・・・
これから暖かくなる季節に向けいかがでしょうか?

ピュア・ドール楽天市場店でも販売中です ➡