そもそも【インディアン・ネイティブアメリカン】と言うのはどういう人なのか

インディアン(ネイティブアメリカン)とは、いわゆるアメリカの先住民族の事を言います。

昔々は、アメリカ大陸には1000万人以上はいたであろうとされたインディアン達が、沢山の各々の部族ごとの文化を築いて平和に暮らしていました。IMG_0744

そこへ、新大陸を目指していたコロンブスによってアメリカ大陸が発見され、ヨーロッパ人が移り住んできました。

その後さらに土地を奪おうと侵略してきたヨーロッパ人達に土地を奪われ、その際の戦いでインディアンの人口は5%以下に激減したそうです。

そんな、とてもとても苦しい時代を経て、アメリカ政府からリザベーション(居留地)を与えられましたが、その場所は荒野の砂漠地帯。そこでの暮らしもまた厳しいものだったと思います。IMG_0747

ここまでが【インディアン・ネイティブアメリカン】についての歴史を簡単に説明できないのですが、まとめてみました。(そんな辛く哀しい歴史の詳細は、あえてここでは書きませんので、各々お調べになってみて下さい。)

さて、そんな過酷な歴史を持つインディアンですが、アメリカの南西部(サウスウエスト)のアリゾナ州・ニューメキシコ州に19の部族に分かれて生活しているプエブロインディアン(スペイン人がアドビと言われるインディアン達の住居をプエブロと呼んだ為にそう呼ばれるようになったそうです)の作るジュエリーを《インディアンジュエリー》と呼びます。『ナバホ』『ズニ』『ホピ』『サントドミンゴ』の4部族がその代表的な感じです。IMG_0724

つまり、このインディアン達が作ったもの以外はインディアンジュエリーとは呼びません。

アメリカでは、インディアンが作ったもの以外はインディアンジュエリーとして販売することは違法とされているそうです。

でも、日本にはそのような法的な定義がないので、例えば東南アジアやメキシコ、日本などで作られたインディアンジュエリー風なものもインディアンジュエリーとして売られてたりしてるのも事実です。

実際、当店も当店の職人が製作してるものもありますが、インディアンジュエリーにインスパイアされて作り出したもので、インディアンジュエリー として紹介はしていません。